指導部

ペトホーフ レオニード・ゲナージエビチ
総監督

ペトホーフ・レオニード・ゲナージエビチ

総監督

2017年2月13日に自律非営利組織「投資誘致と輸出支援エージェンシー」の総監督として任命されました。 それ以前は、ロシア国内外のさまざまな企業で指導管理職を務めました。

2000年から2008年まではロシアのマッキンゼー駐在員事務所で働き、経営コンサルティングの分野で豊富な経験を有し、また、主に鉱業、冶金、農業の分野での直接投資誘致の経験もあります。

3つの高等教育を受けています。ロシア連邦政府下の財務アカデミーを経済学者として卒業し、モスクワ国立法学アカデミーを法律家として卒業し、ハーバード大学の国家管理プログラムを専攻してきました。